« そんなこんなで | トップページ | 映画「SAYURI」 »

映画「エンパイア オブ ザ ウルフ」

Photo_123

出演者:ジャン・レノ

<話>
 アンナは夫のローランの記憶が薄れ、検査を受けていた。アンナは夫さえも信じることができなくなって、1りで別の医者に診てもらうことに。調べた結果、アンナは記憶を消され、顔も整形で変えられていることがわかる。
 3人の変死体が立て続けに発見される。ネトリー刑事が担当することになったが、全く見当がつかなかった。そこで悪名高い刑事シュエールに強力してもらおうとする。
<感想とか>
 フランスのサスペンスもの。前半を見ていると「クリムゾンリバー」を思い出します。ジャン・レノが新米刑事と連続殺人事件を捜査する感じで。この作品はキリスト教を扱ってはいないですけどね。アンナパートとネトリーパートが交互に展開していくんですが、なかなか線が結びつかない!2りが遭遇するのは後半に差し掛かるくらいではないでしょか。後半はかなりドタバタしています。スピード感があって良かったですよ。あと、ジャン・レノの動向がおもしろいですね。トルコの民族音楽みたいのは雰囲気あったのに対して、それ以外の音楽があんまり合ってないような気はしたかなー。でも結構おもろかったですよ!☆☆☆☆

|

« そんなこんなで | トップページ | 映画「SAYURI」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/2624439

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エンパイア オブ ザ ウルフ」:

« そんなこんなで | トップページ | 映画「SAYURI」 »