« 映画「エンパイア オブ ザ ウルフ」 | トップページ | 映画「クラッシュ」 »

映画「SAYURI」

Sayuri

監督:ロブ・マーシャル / 出演:チャン・ツィイー渡辺謙ミシェル・ヨー役所広司桃井かおり工藤夕貴大後寿々花

<話>
 千代は家が貧しかったため、姉と共に売られてしまう。千代は芸者の置屋に引き取られるが、姉は別の置屋に引き取られて分かれる。千代と姉は密に合い逃げ出そうとする。しかし千代は逃げるのに失敗し姉は1りで逃げてしまった。そして千代は芸者になることを夢見るようになる。同じ置屋の芸者、初桃は千代を執拗に責め、千代を女中としてしか扱われなかった。ある日、初桃のライバル芸者の豆葉が千代の置屋に訪れ、芸者学校のお金や面倒を見ると言ってくる。千代は豆葉に従い、数ヶ月で1番の芸者になる。
<感想とか>
 想像していたよりずっと良い出来でした。海外の映画で日本が描かれる時は大体変な違和感を覚えるですよね。この作品にはそういう気配を感じさせず、というよりも邦画が作るよりはるかに映像がきれいだし、お金がかかってるのが分かります。邦画ではここまでできないでしょう。映像がきれいなのにも感心しましたが、チャン・ツィイーの踊りの上手さにびっくり。大きい舞台での演技のシーンはなかなかのものです。
 千代を一流の芸者に育てた豆葉というキャラがいいですねー。戦略家とでも言いましょうか。近藤勇を押し上げた新撰組の土方歳三みたいに見えた!それと桃井かおりの演じるキャラがなんともたくましいことで。外国人が作った日本の話にしては良作ではないでしょか。☆☆☆☆
 しかし日本人を描いた作品の割りには日本人が少ない・・・。まず主役が日本人じゃないからねっ!ここまで力を入れている作品なら製作者サイドとしては日本人を主役にするという考えもあったんじゃないでしょうか。おそらくチャン・ツィイーは世界的にも知名度があるので商業的に採用されたのかもしれませんが。1番の原因は起用できる日本人俳優がいなかったんでしょう。日本人を描いているのに外国人が日本人を演じるなんてどう思いますか?月9や大河ドラマに出れて満足しているようでは、永遠に日本人の役は外国人になってしまいますよ、日本の俳優のみなさん!!

|

« 映画「エンパイア オブ ザ ウルフ」 | トップページ | 映画「クラッシュ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/2624472

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「SAYURI」:

« 映画「エンパイア オブ ザ ウルフ」 | トップページ | 映画「クラッシュ」 »