« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

映画「THE MYTH 神話」

Myth

監督:スタンリー・トン / 出演:ジャッキー・チェンキム・ヒソンチェ・ミンスレオン・カーフェイ

<話>

 ジャックは最近1ヶ月の間、毎日同じ夢を見ていた。それは紀元前3世紀頃、秦の始皇帝の時代に自分が将軍だったというものだった。ジャックの元に友人の物理学者ウイリアムが訪れ、自分の行っている反重力の研究を手伝って欲しいと言われる。ジャックはウイリアムと南インドに向かうことに。南インドに着くと、ジャックは夢と現実が錯綜するようになる。

<感想とか>

 シャッキーチェン主演でお馴染みのアクションもの。ただ今回は紀元前の話も混じって変な展開に。設定がこうだから仕方ないけど、ワイヤーまくりなのが好きじゃないなー。ジャッキーファンはこれでも納得するのかな・・・。やっぱりジャッキーは街中で暴れまわって欲しい!☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「コルシカンファイル」

Photo_148

出演者:ジャン・レノ

<話>

 私立探偵のパーマーは依頼者からアンジュという男を捜して遺産相続のことを知らせるように頼まれる。アンジュはコルシカにいるらしいが、コルシカという土地は変わっているという話を聞く。パーマーはコルシカに到着すると、コルシカの民族に悩まされる。そして警察や謎の武装組織に次々に狙われることに。

<感想とか>

 ジャケットに騙された・・・。見始めると変な展開に思ったですねー。これジャケットとは裏腹にコメディでした。そこそこ面白かったけど期待裏切られた感じ!☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「M1グランプリ2001,2002」

Photo_143Photo_147  2001年に行われた第一回M1グランプリと2002年に行われた第二回M1グランプリのDVDを見ました。わたしが見るようになったのは2003年からかなーたぶん。

 第一回目は、まだ番組の構成が完成していなくて、現場の審査員の他に見えない点のようなものがあっておかしな感じでした。第二回目には廃止されていましたが。

 第一回目は中川家が頭一つ出ていたかなー。弟がやたら太ってる・・・。麒麟もなかなかおもしろかったけど決勝には残れず残念。ハリガネロックはそんなでもないような。

 第二回目は甲乙つけ難いですね。最後に残ったフットボールアワー、笑い飯、ますだおかだの3組は同じくらいおもしろい!ますだが最後に畳み掛けたのには笑っちゃう!おかだの方は以前からすべってたんですね(’~’)。でも第二回目で1番インパクトあったのは審査員に立川談志がいたことかなー。あれは怖いって・・・。駆け出しのコンビから見たら相当なものでしょう。立川談志がテツトモに言った「お前らここにいるべきじゃないよな」ってセリフに会場凍りついてたし!その後に「褒めてるんだよ」って言ってたけどテツトモは完全に萎縮しちゃってる(;’△’)。

 たまにはお笑いでもいかがでしょうか。M1グランプリは全員が真面目にお笑いやってて面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「THE 有頂天ホテル」

Photo_142

監督:三谷幸喜 / 出演:役所広司戸田恵子伊東四朗生瀬勝久オダギリジョー松たか子石井正則佐藤浩市角野卓造原田美枝子篠原涼子唐沢寿明YOU寺島進津川雅彦近藤芳正西田敏行梶原善麻生久美子香取慎吾

<話>

 12月31日、大晦日のホテルは忙しくカウントダウンパーティも控えていて従業員、客が入り混じり様々な事が起こる。

<感想とか>

 邦画はいつも期待しないで見てるですが、これは面白かったー!今年米でアカデミー賞を取った「クラッシュ」にも通じるものがあるかも。コメディ版の「クラッシュ」って感じかな。良くできてるわー。登場人物、話が交差して次々に繋がってるです。面白いのでぜひ見てほしい!☆☆☆☆

 佐藤浩市が芹沢鴨に見える・・・(’▽’)。香取慎吾やオダギリジョーも出てるし!あと、新見役やってた人も最後にちょい役で佐藤浩市に絡んででてる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ディバージェンス」

Photo_141

出演:アーロン・クォック

<話>

 刑事のシュンは裁判で有力な証言を持つホンほ護送中に、何者かに襲われホンが殺されてしまう。その裁判の被告イウは多額の横領を訴えられていた。そしてイウの息子が突如行方不明になる。シュンはホンの殺害とイウの息子の失踪が繋がっていると見て捜査を進める。シュンは10年前に彼女が失踪していて未だに彼女を思っていた。捜査をしているとイウの妻が失踪した彼女に似ていることから2りを重ねてしまう。

<感想とか>

 香港映画のサスペンスアクション?らしいです。登場人物が多くて場面が変わる度に整理するのが大変。しかも字幕のみなので字を追っかけたりサスペンスだったりで(;’~’)。最後よくわかんないなー。香港のアクションものっていうとジャッキーみたいの想像してたから、路線が若干違って予想外だったかな。予想ガイデス!☆☆☆

 ちなみにこの作品の監督は去年ジャッキー主演の香港国際警察の監督らしいです。そして例のインファナルアフェアのボスやってた人がまた出てます。香港映画見るとこの人良く見る・・・。今回は検死官だったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ミュンヘン」

Photo_140

監督:スティーブン・スピルバーグ / 出演:エリック・バナダニエル・クレイグキアラン・ハインズマシュー・カソビッツジェフリー・ラッシュ

<話>

 1972年、ミュンヘンオリンピックでブラックセプテンバーと名乗るパレスチナ人たちが、イスラエルの選手団11人のうち2名を殺害し9名を人質にとる。ブラックセプテンバーは選手団と引き換えにイスラエルが捕らえている200名のアラブ人の政治犯の解放を要求していた。しかしイスラエルの選手団は9名殺された。イスラエル首相は憤慨し、元護衛官のアブナーを呼び出しミュンヘン事件の首謀者11人の殺害命令を下す。アブナーは暗殺チームのリーダーになり4人のメンバーと復讐を開始する。

<感想とか>

 事実を元にした本の映画化。スピルバーグが脚色を加えているようで、過程に関しては想像の部分が多い模様。2時間半以上ある元々長い映画な上に復讐やら人種問題やら重い内容なので余計に長く感じるかな。疲れる・・。最終的にはミュンヘン事件の復讐じゃなくなってパレスチナ人の殺害に変わってるですね。首謀者を殺しても次の人が受け継いでいくから、イスラエル政府高官の人のセリフで「爪は伸びたら切るだろう?」っていうのがどうしようもない感じ。あくまでドキュメントではなく映画として作ったらしいですが・・・もうちょいコンパクトにしてもらえないかなー。これもフライトプランほどではないけど配給会社の宣伝が上手いですね。☆☆☆☆

 結局首謀者11人のうち9人は実際に暗殺されたようです。もちろんこれで解決はしてないけど・・。最近でもレバノンでなんかあったしねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ゲド 戦いのはじまり」

Photo_139

出演:ショーン・アシュモア

<話>

 ”名もなきもの”と呼ばれるものを巫女たちの祈りの力で封じ込めていた。そして1りの魔法使いが腕輪を使って”名もなきもの”を倒すという言い伝えがあった。しかし腕輪は過去に割れて所在も不明。

 鍛冶屋の息子ゲドは村の危機を救うが自分の命も落としてしまう。しかし魔法使いが現れゲドは息を吹き返す。ゲドはその魔法使いの弟子になることに。しかし一向に魔法を教えてもらえないゲドは魔法学校へ行くことに決める。そこでゲドは魔法使いの才能を開花させるが、禁じられていた魔法を使い魔法学校から追放される。

<感想とか>

 指輪物語、ナルニア国物語と並ぶ有名なファンタジー。ジブリのアニメではなく、実写の映画。長かったー。3時間くらいかな。半分くらいで区切られていて1回終わっているところを見ると2本の映画を1つのDVDにいれているのかな。ジブリのほうは時間どれくらいなんだろ。

 原作を知らないので、この映画で完結しているのかどうかはわかりませんが話はまとまっています。ただ、ちょっと制作費が少なそうな感じが伝わってきますね。指輪物語とかナルニアに比べると見劣りはするやも。魔法に関して言えばハリポタのが上だとおもう。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ファイヤーウォール」

Photo_138

監督:リチャード・ロンクレイン
出演者:
ハリソン・フォードポール・ベタニーバージニア・マドセンロバート・パトリックロバート・フォスターアラン・アーキン

<話>

 銀行でセキュリティーを担当していたジャクは誰にも進入できないようなセキュリティプログラムを開発する。しかし、そこを狙われてジャックの家族を人質に取り銀行強盗を企むものたちがいた。

<感想とか>

 ハリソン・フォードのよくある1りで悪党と戦う話。安心して見られる反面、特に変わった趣向もなく普通な感じでしょうか。☆☆☆

 この作品で「24」のシーズン3~5に出演しているクロエ・オブライエン役を演じているマリー・リン・ラジスカブが出ています。「24」に出ている人を見かけると思わず「あっ」と声がでてしまいます(’ー’)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「男たちの大和」

Photo_137

監督:佐藤純彌 / 出演:反町隆史中村獅童鈴木京香仲代達矢長嶋一茂渡哲也奥田瑛二寺島しのぶ蒼井優

<話>

 昭和18年、15歳の神尾は海軍に志願し日本最大の戦艦大和に乗ることになる。しかし日本艦隊は連合軍に敗北し、大和も多数の死傷者を出す。大和は最も激戦地の沖縄に向かう指令が出る。そして乗組員たちは沖縄に行く前に最後の上陸を覚悟する。

<感想とか>

 世界大戦中、大和の乗組員たちと家族を描いた話。えーと・・・何といいましょうか。ちょっとこの監督の頭ずれてるんじゃないかな。戦争にいった人の家族の心境は計り知れないし米の戦闘被害にあったのもわかるけど、そこが問題じゃないでしょう。大和が攻撃されて隊員たちが死んでいったりするのもさ、クローズアップする時間が無駄に長すぎないかな。それに対して日本がアジアの国々を占領していったり、真珠湾に奇襲したりって話が数秒で終わってますよ。日本はただ単に戦争の被害国なんじゃなくって、その原因を作ってるのは自分たちだっていうことを描くことが大事なんじゃないの?占領した国々に日本がしたことを描いたら?戦犯者を悪人に仕立て上げた政府が悪いんじゃなくて、過去にしてきたことをうやむやにする日本人の本質みたいなものが、この映画製作者にもみられますよ。この映画を見てどう思えばいいのさ。こんなんだからアジアの国々に日本は嫌われるんですよ。過去の過ちを認めて謝罪するメッセージ性みたいなものを描くべきではないでしょうか。☆

 今回の☆は長渕剛の曲の分です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

映画「パパラッチ」

Photo_136

製作総指揮:メル・ギブソン
監督:ポール・アバスカル
出演:コール・ハウザー、ロビン・タネイ、デニス・ファリナ、トム・サイズモア

<話>

 新作映画がヒットし、主演のボーは人気を得ていた。そのボーに対しパパラッチが執拗に写真を撮り、家族までも巻き込んでいた。ある夜にボー車で移動中にパパラッチの異常な写真の撮りかたをされる。そしてそれがきっかけでボーは事故にあう。ボーの車に同乗していた妻と子供は重症になる。

<感想とか>

 予想以上のことはなかったけれど、題材は初めて見るかんじだったのでまーまーかな。パパラッチの行動はたしかに度を過ぎているとはおもいます。でもそれに対して主人公の行動もねぇ・・・。最後、刑事とパパラッチが仲間だった~なんてオチを予想したんだけどなー。いくらなんでもこれで主人公が何も問われないでハッピーエンドっていうのはおかしいんじゃないでしょか。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「PROMISE」

Photo_135

監督:チェン・カイコー / 出演:真田広之セシリア・チャンチャン・ドンゴンニコラス・ツェーリィウ・イエ

<話>

 親を亡くし、食料にも困っていた少女は神と”全てと手にする代わりに真実の愛を手にできない”という契約を結ぶ。20年後、光明大将軍は1りの奴隷と出会う。光明は何者かに襲われ傷を負う。光明は自分の代わりに自分の鎧を奴隷に着させ、王の元へ向かわせる。光明の鎧を着た奴隷のコンロンは城に着いたが、王が女性を殺そうしていたところで王を殺してしまう。

<感想とか>

 これは・・・つまらない!話もつまらないしCGも安っぽい。変なワイヤーアクションもあり。最近の中国映画って感じ。よくこの内容で真田広之もOKしたものだね・・。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ジャーヘッド」

Photo_134

監督:サム・メンデス
脚本:
ウィリアム ブロイルスJr.
出演者:
ジェイク・ギレンホールピーター・サースガードルーカス・ブラッククリス・クーパージェイミー・フォックス

<話>

 新兵のスウォフォードは海兵隊に入り、斥候狙撃兵に志願する。スウォフォードは厳しい訓練を受け、湾岸戦争へと向かう。

<感想とか>

 実際に15年前に湾岸戦争に行った若い海兵隊のアンソニー・スウォフォードが自身を書いた本の映画化。スウォフォードの苦悩や困難、希望や絶望などを描いた”戦争映画の最高峰”と呼ばれた作品。

 んー・・、あんまり日本では話題になっていない作品ですよね。原作のほうも。日本の配給会社って絶対この手の実際にあった話とかの映画に力を入れない傾向がありますね。MI3とか無駄な作り話で収益目当てのものばかり。もっとも、それを喜ぶ日本人も多いわけですが。

 ただ単に戦闘シーンばかりの映画ではなく、スウォフォードの入隊時から湾岸戦争終了までを描いた作品です。軍隊の変なノリにはついていけない部分もありますが・・・よくできている作品だとおもいます。残虐なシーンも少ないし、普段戦争映画を苦手であまり見ない人にも受け入れられるのではないでしょうか。☆☆☆☆

 それはさておき、ちょろっとですがこの作品に「24」でデイビッド・パーマー役を演じているデニス・ヘイスバードが出演しています。「24」が好きな人なら即わかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アサルト13 要塞警察」

Photo_133

出演者:イーサン・ホーク

<話>

 潜入捜査をしていたローニックは2り仲間を失った。8ヶ月後、ローニックは内勤になり、現場から離れていた。年末の大雪の日に犯罪者を移送していたトラックがローニックのいる警察署にやってきた。そのなかには裏社会のボスのビショップがいた。牢屋に全員を収容し、しばらくたつと武装した何者かが警察署に押し入ってきた。

<感想とか>

 汚職警官 対 田舎警官&犯罪者たちって感じ。序盤からB級っぽさを感じさせつつ最期までいまいちでした。うーん・・・。☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「LOSTシーズン1」12

Lost_11

出演:マシュー・フォックスエヴァンジェリン・リリージョシュ・ホロウェイドミニク・モナハンイアン・サマーホルダーマギー・グレイスハロルド ペリノーマルコム・デヴィッド・ケリーナビーン アンドリュースエミリー・デ・レイビンホルゲ・ガルシアダニエル・ディ・キムキム・ユンジンテリー・オクイーン

<話>

迫りくる脅威

 突然海岸にフランス人のダニエルが現れる。ダニエルは煙が立った後に赤ん坊がさらわれると言う。マイケルたちは急いでいかだを完成させようとする。ジャックたちはハッチの入り口を開けるため、ダニエルが言う”黒い岩”にあるダイナマイトを取りに行く。

暗黒地域

 いかだが完成し、マイケルたちは海に出た。ジャックたちは森の中で”黒い岩”に到着する。ジャックたちが探索しているうちに、海岸ではダニエルがクレアの子供を奪い去っていた。

漆黒の闇

 ジャックたちはダイナマイトを手に入れ、ハッチを爆破しようとする。サイードとチャーリーはダニエルを追い子供を取り戻しに行く。マイケルたちは夜の海で船の信号らしきものをキャッチする。

<感想とか>

 シーズン1終了。予想通り、話が中途半端でおわたー。そして謎を残しつつ(’~’)。続きを見たいのでシーズン2早くでてほっしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「LOSTシーズン1」11

Lost_10

出演:マシュー・フォックスエヴァンジェリン・リリージョシュ・ホロウェイドミニク・モナハンイアン・サマーホルダーマギー・グレイスハロルド ペリノーマルコム・デヴィッド・ケリーナビーン アンドリュースエミリー・デ・レイビンホルゲ・ガルシアダニエル・ディ・キムキム・ユンジンテリー・オクイーン

<話>

悲しみの記憶

 ブーンが死に、一緒にいたロックは疑いの目を向けられる。妹のシャノンはロックに復讐をしようとする。

タイムカプセル

 2作目のいかだが完成に近づいていた。翌日に出発を控えていたが、マイケルは突然腹痛を訴える。マイケルが飲んだ水に毒が入っていた。

<感想とか>

 次の巻でシーズン1が終わるけど謎を抱えたまま終わりそう。いかだが島から出てシーズン2にいくんかなー。もちょい島の核に触れる話が欲しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「LOSTシーズン1」10

Lost_9

出演:マシュー・フォックスエヴァンジェリン・リリージョシュ・ホロウェイドミニク・モナハンイアン・サマーホルダーマギー・グレイスハロルド ペリノーマルコム・デヴィッド・ケリーナビーン アンドリュースエミリー・デ・レイビンホルゲ・ガルシアダニエル・ディ・キムキム・ユンジンテリー・オクイーン

<話>

啓示

 ロックはプロペラ機がこの島で墜落する夢を見る。ブーンと共にその場所にいくとプロペラ機があった。ブーンは中に入り調べていると、プロペラ機が崖から落ちてしまい、ブーンは重症を負う。

約束

 運びこまれたブーンをジャックは必死に治療する。一方、森の中でクレアが産気づいていた。ジャックはブーンに自分の血を輸血していたので、指示を出してケイトに任せる。

<感想とか>

 ロック過去に色々ありすぎ!ハンターで詩も詳しくて古代兵器を作れるってのも(’△’)・・・。もうすぐシーズン1が終わりに近づいてきたものの、状況がなんも進展してないなー。このままシーズン1終わりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »