« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

ドラマ「24シーズン6」予告編

 「24シーズン5」の最終巻がそろそろ出ますが、それに先だってシーズン6の予告ムービーがweb上で公開されていました。それを見ると、シーズン6の大統領はアノ人になっていました!わたしの予想が当たってしまって「24」にしては以外性が無いかなー。肝心のジャックはというと、ものすごいヒゲになってた!次のシーンを見るとさっぱり剃っていましたが。このムービーを見るだけで結構次のシーズンがぼんやり浮かんできました。旧キャラも何人か出ていたので。先を楽しみにしたい人は見ない方がいいかもですね。まだシーズン5も完結していないことだし。シーズン6も楽しみだー!

 24シーズン6予告編 http://www.24trailer.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ゲットリッチオアダイトライン」

Photo_175

監督

ジム・シェリダン

出演 カーティス“50セント”ジャクソン , テレンス・ハワード , ジョイ・ブライアント , ビル・デューク

<話>

 少年マーカスはラップが好きで1りで練習していた。マーカスの父親は不明で母親は麻薬の売人だった。そしてマーカスが12歳の時に母親が殺される。マーカスは母親と同じ麻薬の売人をし、大人になる頃には組織で1番のかせぎ頭になっていた。ある日友人がライバルの麻薬組織に殺される。マーカスは報復に出るが、結果刑務所に行くことに。刑務所から出るとマーカスは足を洗い、子供の頃からの夢であるラップを始めるようになる。

<感想とか>

 超人気ラッパーの”50セント”の半生を描いた実話らしいです。わたしは”50セント”を知りませんでしたが・・・。しかもこれ本人が主演してるらしいです!すごい壮絶な人生だた。ミュージシャンの映画としては「Ray」以来の出来かなー。それでもやっぱり「Ray」のほうが良いやも。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アンジェラ」

Photo_174

監督:リュック・ベッソン / 出演:ジャメル・ドゥブーズリー・ラスムッセンジルベール・メルキセルジュ・リアブキン

<話>

 アンドレは米国籍のアラブ人でパリに暮らしていた。アンドレは事業に失敗し、多額の借金を背負い身分証もなくしてしまい行き場をなくしていた。アンドレが橋から飛び降りようとした時、隣で女性が川に飛び降りてしまった。アンドレは飛び込み女性を助けてしまう。アンジェラと名乗る女性はアンドレの助けをすると言う。

<感想とか>

 フランス映画の恋愛もの。全編にわたって白黒映画でした。あえて白黒で撮る意味はわかりませんが・・。アンドレが気づいていない自分自身の内面をアンジェラが気づかせてくれるっていう、笑いもあったり悩んだり、最後はちょっと涙腺が緩みそうになったりも。恋愛映画が好きな人には良いのではないでしょか。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「姉御」

Photo_173

製作: 2006年香港映画
監督: ウォン・ジンポー
出演: 
カリーナ・ラムアニー・リウ/エリック・ツァン/
     アンソニー・ウォン/リウ・イエ

<話>

 香港マフィアを取り仕切っていたバクダクは、いつも子供の頃からの友人3人と娘シウインと一緒にいた。マフィアの組長を集めた集会の後にバクダクが殺されてしまう。バクダクの側近3人で次の組長を話し合うが、バクダクが死ぬ間際にシウインと言っていたという。シウインは反発のあるなかで組長になる。

<感想とか>

 定期的に出してくる香港映画のマフィアもの。「ベルベットレイン」の監督だそうです。そして香港マフィアには必ず出てくるあの丸い人!今回は「インファナルアフェア」でビルから落ちた人もマフィアになってます。話は日本だと結構ありきたりな感じですね。ドラマか映画で年に1個くらいはこんな内容のありそう。「ベルベットレイン」から大分パワーダウンしたかなー。もっと言うと「インファナルアフェア」以降で香港マフィア映画ってぱっとしないね。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「隠された記憶」

Photo_172
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、アニー・ジラルド
2005年/フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア合作

<話>

 TV番組で司会をしているジョルジュの家にビデオと絵が送られてくる。ビデオには自分の家を固定カメラで写していてジュルジュと妻と子供の出入りが録画されていた。絵は子供が書いたような絵で血を出している奇妙なものだった。ビデオと絵は送られ続け、警察に行ってみても事件が起こらないと動かないと言われる。そして送られてくるビデオの内容が変わってくる。

<感想とか>

 DVDのジャケットに衝撃のラストシーン!!とか書いてあったので思わず手にとって観ました。なにやら映画祭とかではいくつか賞を取っているようです。日本では単館上映だったぽい。そして観終わって、・・・あれ?衝撃の何かあるんじゃないの!?っとスタッフロールが終わってもた・・・。わからなかったので最後だけもう1回観ましたよ!そしたらわかた!これ普通に見たら絶対見逃すって!

 奇妙な感じのサスペンスでした。なんか独特の世界感。監督のインタビューが付録であったので観てみると、人間の誰もが持つ罪を表現したいらしいです。それは監督自身の理念なのか宗教的観念なのかは計り知れませんが。それと、犯人をあえて明確にしないことで観ている人に答えを任せるようなことも。ラストシーンに気づかなかったら、問題提議だけして答えを丸投げするのって思っちゃいそう。人間の罪、ねぇ。☆☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「インサイドマン」

Photo_171

監督:スパイク・リー
脚本:
ラッセル ジェウィルス
製作:
ブライアン・グレイザー
出演者:
デンゼル・ワシントンクライヴ・オーウェンジョディ・フォスタークリストファー・プラマーウィレム・デフォーキウェテル・イジョフォー

<話>

 ペンキ屋を装った男達が銀行強盗をした。犯人達は人質全員に同じ服とマスクをさせ自分達も同じ格好をした。警察は犯人に要求を聞くが時間稼ぎとしか思えない内容だった。翌朝、警察は強行突入しようとした時に人質達が一斉に出てくる。犠牲者、被害者も無く容疑者さえもいない状況に。

<感想とか>

 劇場版のCMを見たときには面白そうだったので期待していました。残念なことにいまいちな映画でしたが。「フライトプラン」ほどではないにしても、これも配給会社の宣伝の上手さかなー。☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「デリート」

Photo_170

出演者: メラニー・リンスキー メアリー・リン・ライスカブ ジュディス・オディア シェーリ・ラパポート
監督: マーク・タピオ・カインズ

<話>
 カリフォルニア郊外で連続殺人事件が起きていた。週末にローレンは会社の同僚を誘いホームパーティをしようとしたが、来たのは2りだけだった。3人で話をしていると窓に人影を見る。そして天井の上から物音が聞こえた。3人は不安になりながら状況を整理する。
<感想とか>
 これ自主制作なのかなー。お金あんまりかかってなさげ。話もこれといって・・・って感じですね。メインで出演している3人の女性は結構映画、ドラマに出演してるぽい。「24」のクロエオブライエン役の人も出てます。この人の名前なんて読むんだろう・・。作品調べるとメアリーリンライスカブだったりマリーリンラジスカブだったり。☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「タブロイド」

Photo_169

監督、脚本:
  セバスチャン・コルデロ

出演:ジョン・レグイザモ
レオノール・ワトリング
ダミアン・アルカザール
ホセ・マリア・ヤズピック
カミル・ルツリアーガ

<話>

 マイアミからマノロ記者と撮影スタッフはエクアドルで起きた連続殺人事件を取材しにきていた。そのお葬式の取材を終えた直後に近くで子供が車に引かれたと声が上がる。マノロたちは現場に行くと、車の運転手ビシニオが周りにいた人々にリンチされていた。マノロは割って入り、駆けつけた警察にビシニオは連行される。ビシニオは子供を引いていないと主張するが認められないので、マノロに連続殺人犯の情報と引き換えに無実を報道して欲しいと言う。

<感想とか>

 エクアドル映画のサスペンス。実際にあったリンチ事件と、10年間で190人の子供を殺害した事件をミックスしてマスコミの在り方を描いた作品。映画内では12人の連続殺人ですが・・・事実は小説より奇なりってやつでしょうか。あちこちで賞を取っている作品らしいです。冒頭のリンチシーンはすごかったー。最初からこんな展開でどうなるものかと・・。記者マノロの報道によりヒーローのように扱われる自分と、事実を話せない自分が何とも言えないですねー。ただ、終わり方がしっくりしない感じでちょっと消化不良かな。☆☆☆☆

「ディパーテッド」公式http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/

 全く関係ない話ですが、「インファナルアフェア」のリメイク作の「ディパーテッド」が近々上映されるようです。ブラピがリメイク権を買ったと随分前に報道されっぱなしでようやく!って感じですね。そして主演はディカプーとマットデイモンの2り。トニーレオンの役をマットデイモン、アンディラウの役をディカプーが。あれ?ブラピは?っと思ったら役者のほうじゃなくて制作のほうに名前がありました。どうせならブラピに出演してほしかった・・・。それにしてもトニーレオンの役をマットデイモンかぁ。うーん、うーん。絶対トニーレオンのがいい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ファイアーファイター」

Photo_168

監督

アルノー・セリニャック

出演 エマ・コルベッティ , エリック・サヴァン , オリヴィエ・シトリュク , ローラン・オルミード

<話>

 南フランスで放火と思われる山火事が多発していた。アンナは次に狙われそうな場所に人員割くように署長に言うが署長は感や予想では認めなかった。アンナは独断で調査し、消防隊員を連れ現地に向かう。そしてアンナの予想通りに山火事が起こり大規模な山火事になる。

<感想とか>

 消防士の話。これって実際にあった話なのかなー。「バックドラフト」や「炎のメモリアル」は、まさに映画!っていう風に作られてて、それに対してこの作品は実際にあったドラマって感じがするかな。映画として観るなら「バックドラフト」、「炎のメモリアル」のが良く出来てるですね。重点の置き方の問題でしょうか。☆☆☆

 あのピザ屋はどうなったの!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「トランスポーター2」

Photo_167

監督:ルイ・レテリエ / 出演:ジェイスン・ステイサムアンバー・ヴァレッタマシュー・モディンケイト・ノタ

<話>

 運び屋フランクは子供ジャックの送り迎えの仕事をしていた。ジャックの健康診断のために病院へ行くと何者かに襲われる。ジャックは誘拐されてしまうが、犯人の本当の目的はジャックの父親だった。ジャックの父親は麻薬サミットに出席する麻薬担当大臣だった。

<感想とか>

 前作と同じくアクション&カーアクション。どちらも凄く良いです!ただ、車が飛んでひねりながらフックに爆弾を引っ掛けるっていうシーンがちょっと(’□’)!今回はアクションが多少やりすぎな感じもするかなー。それが良いっていう人もいるだろうけど、もうちょいクールなアクションが観たかったかな。☆☆☆☆

 犯人のボス役の人がどこかで見たことあるけど思い出せない・・・。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ニューワールド」

Photo_166

監督:テレンス・マリック / 出演:コリン・ファレルクオリアンカ・キルヒャークリストファー・プラマークリスチャン・ベールオーガスト・シェレンバーグウェス・ステュウディデヴィッド・シューリス

<話>

 1607年、イギリスの入植者たちがヴァージニアで開拓を始める。スミス大尉は先住民の王に交易の交渉に行くが、王はイギリス人がここに居座るのを嫌っていた。スミスは先住民の元で滞在中、王の最愛の娘に恋をする。そして月日がたち王はスミスに自国へ帰るように告げる。しかし居座り続けたイギリス人に先住民は戦闘を始める。

<感想とか>

 実際にあった話だそうです。それ以外にはそれほど特筆すべきこともなく・・・期待しないで観て予想通りな映画でした。つまらなくて本当に書くことないなー・・・。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「プロデューサーズ」

Photo_165

監督:スーザン・ストローマン / 出演:ネイサン・レインマシュー・ブロデリックユマ・サーマンウィル・フェレルゲイリー・ビーチロジャー ハー

<話>

 マックスはブロードウェイの舞台が不評で作品がすぐに打ち切りになってしまった。そこに会計士のレオが帳簿を調べにくる。レオが帳簿を調べていると打ち切りになった作品は制作費が浮くことがわかった。それを聞いたマックスは最低の舞台を作って制作費を自分のものにしようとする。マックスはレオに協力するように持ちかけ、レオは悩んだがブロードウェイのプロデューサーに憧れていたので協力することに。そしてマックスとレオは最悪の脚本と最悪の演出家と最悪の役者を探すことに。しかし、できた作品は大ヒットしてしまった。

<感想とか>

 同名タイトルのリメイク。元は映画で、その後に舞台化、そして今回のリメイクだそうです。終始ミュージカル調で進む話。2時間たっぷりミュージカルな感じなので好き嫌いがわかれるかも。不必要に感じる部分もあったりするので、もうちょとカットして簡潔にしてほしかったり。話自体は結構おもろかた。ミュージカルの部分をどう捕らえるかってとこかなー。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「イーオンフラックス」

Photo_164

監督:カリン・クサマ / 出演:シャーリーズ・セロンマートン・ソーカスジョニー・リー・ミラーアメリア・ワーナーソフィー・オコネドフランシス・マクドーマンド

<話>

 2011年、ウイルスにより人口の99%を失ってしまう。400年後、残された最後の町で生存した500万人の人々が生活していた。そこで突然人がいなくなってしまう事件が多発するが政府は何もないと言う。反政府組織のイーオンは政府議長の暗殺に向かうことになるが目前で銃の引き金を引けずに捕らえられてしまう。

<感想とか>

 漫画かアニメが原作らしい映画。つまらなくて睡魔に襲われ・・・。シャーリーズセロンが変なアクションしてるってことくらいしか書くことないかなー。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「24シーズン5」7~9

24_2

出演:キーファー・サザーランドウィリアム・ディヴェインアルバータ・ワトソン

シーズン5公式 http://www.foxjapan.com/dvd-video/

 前回大ピンチになってショッキングなシーンで終わって、事態を収めていくかと思いきやさらに・・・。そしてわたしの大好きなあのキャラが(;;)。そしてシーズン5の黒幕が出てきました!これは以外な!!連続しているタイトルって前作を超えないとっていうハードルのようなものがあるけどシーズン5はすごいわー。過去の作品をはるかに上回る展開!おもしろすぎる!もはやTVドラマのスケールじゃないですね。半端な映画よりお金かかってそう。それにしても・・・あぁあのキャラがああぁぁぁぁ。

 そういえば今フジテレビで「24シーズン4」をやっていますね。そして昨日からなんと日本テレビで「プリズンブレイク」が週1で始まってる!「24」と「プリズンブレイク」が同じ時間で被ってるよ・・・。同じFOXなのに!!「プリズンブレイク」は早く後半をレンタル始めてほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ポセイドン」

Photo_163

監督:ウォルフガング・ペーターゼン / 出演:ジョシュ・ルーカスカート・ラッセルリチャード・ドレイファスジャシンダ・バレットエミー・ロッサムマイク・ヴォゲルミア・マエストロジミー・ベネットアンドレ・ブラウアーフレディ・ロドリゲスケビン・ディロンステイシー・ファーガソン

<話>

 豪華客船ポセイドンで航行中にニューイヤーズパーティを行っていた。そこに予測できない突発的な巨大波が発生しポセイドンは転覆する。転覆が原因で多数の死傷者が出て、生き残ったものたちは広いホールで集まっていた。船長は誰もここから出ないように指示するがディランと数名は船の外へ脱出しようとする。

<感想とか>

 「ポセイドンアドベンチャー」のリメイク。放映当時、CMも結構流れていて話題になっていましたね。いやーすごかった。これ映画館で見たかったわー。とにかくすごい迫力で息が詰まるようなシーンの連続。そして人があっさり死んでいく・・・。パニックの中で人間ドラマを交えつつって感じで面白かったです。☆☆☆☆

 元になっている「ポセイドンアドベンチャー」はパニック映画の原点になっているそうで。わたしはまだ見たことがないので今度見てみようかなーと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マインドハンター」

Photo_162

出演者:クリスチャン・スレーター 

<話>

 FBIの分析官訓練生の8人は孤島で訓練をすることに。プロファイリングの評価を行うはずだったが、訓練生が1り1りと殺されていく。

<感想とか>

 10チャンネルでよくやってそうな感じのサスペンス。B級っぽさがたまらない!最初に死んだ人って「ヘッドハンター」に出てきた人ですよね。どこかで見たことあるとおもって(’ー’)。B級サスペンス好きな人にはいいかも!☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »