« 映画「ソーラーストライク」 | トップページ | 映画「硫黄島からの手紙」 »

映画「ディパーテッド」

Photo_207

監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルドディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン

<話>

 コリンは少年の頃にギャングのフランクに育てられる。青年となったコリンは警察官になった。同時期に警察学校を卒業したビリーは天才ともいえる程優秀だったが、生い立ちの環境から潜入捜査官向きと判断されギャングに潜入することに。コリンとビリーはそれぞれの道で頭角を現す頃、ギャングに潜入した捜査官と警察に侵入したギャングの存在をお互いが知り、潜入者を探しあうことになる。

<感想とか>

 いってきましたよー!今日が公開初日!言わずと知れた「インファナルアフェア」のハリウッドリメイク版です。随分待ったわー。始まる前にパンフレットをパラパラめくってたらなんと!町山さんがレビュー書いてるじゃないですかー!しかも結構長文!なんか嬉しい!日本人には理解しにくい宗教的な背景を元に書いてるですねー。さすがの町山さんもパンフレットに書く文章は言葉を選んでる感じがする!このレビューだけでパンフ買った甲斐がありましたよ。

 肝心のわたしの感想ですねー。まず話自体はリメイクというだけあって原作とほぼ同じです。ただやっぱり、ハリウッドナイズされてます。「インファナル~」にあった繊細な雰囲気は消えて、粗暴な面が前面に出てる感じ。主演のディカプーとデイモンにはあまり期待してなかったですが、ディカプーは結構良かった!良いチンピラっぷりでしたよ。ずっとしかめっ面だったのが気になるかなー。原作のトニー・レオンみたいに少し砕けた部分も見たかったり。「アビエイター」に続いて葛藤する演技が上手くなってると思います。ただ、デイモンの方がねぇ・・・。知的な空気を感じれない!なんでだろう・・。ディカプーの上達ぶりに比べると見劣りしちゃうかも。やっぱりブラピは制作に回るんじゃなくて出演して欲しいですねー。そしてジャック・ニコルソンが演じたギャングのボスのフランク・コステロ。この人物、実在したらしいです。「ゴッドファーザー」のモデルになった人だってー。印象が強すぎてデイモンより目立ってるくらいだった!

 原作と比べると、よりストイックなギャング映画になっています。これはこれでアリかなー。結末は若干変わっていて、町山さんの文章を読むと、なるほど!って感じです。良かったら「インファナル~」と合わせて観て見て!

|

« 映画「ソーラーストライク」 | トップページ | 映画「硫黄島からの手紙」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「ソーラーストライク」 | トップページ | 映画「硫黄島からの手紙」 »