« サルベージ ゼオルム3 | トップページ | ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判3 »

アカデミー賞





 今日ロサンゼルスにてアカデミー賞が行われました。町山さんの予想通りの結果だったですねー。アカデミー賞はハリウッドの関係者が投票するもので、友達が多い程投票される仕組み。

 作品賞の「ディパーテッド」はその最たるもので、人脈の多いキャストを駆使しアカデミー賞を取るために作ったような映画になっているそうです。その理屈で言うと「硫黄島からの手紙」は日本人ばかりなので投票されるわけがない!「バベル」も同じ理由だろうねー。今年ノミネートされた作品ではこの3つの争いに絞られるけど、投票数は圧倒的だったんじゃないかな。

 そしてその「ディパーテッド」の監督マーティン・スコセッシが監督賞を受賞。無冠の王と呼ばれ続け、良作を何本も作っているのにアカデミー賞を取れていなかったので、ノミネートの時点で決まっていたようです。スコセッシに賞を取らせてあげようじゃないかって。会場にはスピルバーグとかコッポラとか、スコセッシの友人が予め来ていたしね。

 主演男優賞のウィッテカーは独裁者の映画を主演したそうです。あまりよく知らないけど癒し系のお笑い芸人らしい!主演女優賞のヘレンミレンは「クィーン」で受賞。エリザベスクィーンを演じ、エリザベスにそっくりだから受賞したとか。

 日本のTVでは割と取り上げている菊池凛子さんは助演女優賞に受賞せず、ジェニファーハドソンでした。これもノミネートの時点で受賞できないことはわかっていたようです。何しろ同じ作品の「バベル」から2りもノミネートさせていることから、投票が分散するのは目に見えていたとか。分散していなくても、「ディパーテッド」と同じ理由で受賞できなかったとは思いますが。

 主要部門はこんな感じ。「ディパーテッド」は続編が決定しているようで、すでに次の脚本を執筆中だそうです。あんな終わり方したのにねー。ウォルバーグを主演にするとか。率直な感想は、リメイク作でアカデミー賞取ると思わなかったなー。元の「インファナルアフェア」のが良いし、作品自体の質も「硫黄島からの手紙」のが上だし。ディカプーは賞取っても良さそうなんだけどね。どうやら実在の人物を演じてイメージが似てる人が選ばれるようです。全体的にもうちょいまともな投票して欲しいですねー。

|

« サルベージ ゼオルム3 | トップページ | ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判3 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サルベージ ゼオルム3 | トップページ | ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判3 »