« 映画「SAW 3」 | トップページ | ドラマ「LOSTシーズン2」10 »

映画「カポーティ」

Photo_221

監督:ベネット・ミラー / 出演:フィリップ・シーモア・ホフマンキャサリン・キーナークリフトン・コリンズ・ジュニアクリス・クーパーブルース・グリーンウッドボブ・バラバン

<話>

 1959年、米カンザス州で農場の一家4人殺人事件が起きる。人気作家のカポーティは事件を知り取材を始める。翌年、2りの犯人が捕まりカポーティは接触する。カポーティは話を聞き込み、事件を題材にした”ノンフィクションノベル”という新ジャンルの小説を書き始め、一部を抜粋した朗読会では評価を得ていた。しかし、2りの裁判が延びるにつれ結末が書けないまま年月が過ぎていく。

<感想とか>

 受刑者をインタビューし作品を書くということをした初の人物の実話。ようやくって感じだねー。町山さんがこの作品をコラムしてたのが米公開当時で、もうかなり前だよね。たしか「ブロークバックマウンテン」と同時期だったから1年以上前かな。日本で上映されたのは最近で、やっとDVD化。この作品で主演男優賞を取ったりしています。

 全体的に静かな展開でした。この静かな中に主人公のキャラが目立つだよねー。話し方が変で同性愛者だし。金脈としてしか見ていなかった犯人に情を持つようになるっていう心境の変化を描いているわけですがー、その情がまた、ね。友情なのか愛情なのか。あーでも、犯人が同性愛者ってわけじゃないから、友情目線と愛情目線の交差なのかな。それとラストを書けないジレンマで病んでいくっていう、精神的な部分を多く描いてるね。理解し難い部分もありますがー、良かったらどぞ。☆☆☆

|

« 映画「SAW 3」 | トップページ | ドラマ「LOSTシーズン2」10 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「SAW 3」 | トップページ | ドラマ「LOSTシーズン2」10 »