« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

映画「11:14」

Photo_241
監督:グレッグ・マルクス 出演:ヒラリー・スワンク レイチェル・リー・クック パトリック・スウェイジ ヘンリー・トーマス クラーク・グレッグ
<話>
 11:14、車を運転中に人を跳ねてしまう。同時刻で少年3人が乗った車も人を跳ねる。別の場所では娘が殺人をしたと思った父親が死体を運ぶ。
<感想とか>
 B級もいい所っていうか、「クラッシュ」の真似。最近こういうの多いなー。全てが一つに繋がっている話。特に感じるものがない・・・。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラマ「プリズンブレイクシーズン2」3~4

Photo_240

出演:ウェントワース・ミラードミニク・パーセルロビン・タニーサラ・ウェイン・コリーズ

 やっと借りれました。人気があるのも困ったものです!早くも予想と違う展開に・・。あの刑事はまともそうだったのになー。それにしてもこんなペースでキャラ消していって持つのかな。シーズン2で終わるわけじゃないし。ジャックバウアーみたいな捜査官はいないのかえ。・・・・。!!そうだ!24のキャラがこっちで出てきたりしないかな。同じFOXなんだし!やばい!想像しただけで面白そう・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ブラックダリア」

Photo_239

監督:ブライアン・デ・パルマ / 出演:ジョシュ・ハートネットアーロン エッカートスカーレット・ヨハンソンヒラリー・スワンクミア・カーシュナー

<話>

 第2次世界大戦直後、警察官のバッキーとリーはボクサーとしても有名で2りが試合することになる。バッキーは父親を施設に入れる為に八百長をし負ける。特捜部への昇進を諦め金を選んだバッキーだが、特捜部に招かれることになる。そしてリーとバッキーはコンビを組むことに。2人は数々の事件を解決し、翌年捜査中に猟奇的な殺害をされた死体を発見する。バッキーは本来の任務に就こうとするが、リーは何故かその事件に執着する。

<感想とか>

 実際にあったブラックダリア事件を脚色した小説の映画化。事件自体は迷宮入りになっているけど、この映画では完結しています。色々登場人物が多くて見ながらまとめられなかったや。描写が生々しいのが印象的かな。とにかく内容を詰め込むだけ詰め込んでる感じで、見ていて疲れる!長編小説なんかな。実際のところどうなのか知りたいですねー。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「麦の穂をゆらす風」

Photo_238

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演者:キリアン・マーフィーポードリック・ディレーニーリーアム・カニンガム

<話>

 1920年アイルランド、英国が侵略しIRAは義勇軍を募り戦っていた。医者のデミアンはロンドンの大病院に勤めることになり地元を離れる。しかしそれは口実でデミアンは義勇軍に参入した。やがて休戦になり英国とアイルランドで平和締結を結ぶが、それは名ばかりで実質的にアイルランドを支配下と置くものだった。

<感想とか>

 こういう話でこの終わり方だとどうしようもないね。制服と戦ってきたデミアンの兄が、自分が制服を着ると同じことをしているっていうことを気づいてないんかなー。今まで何のために戦ってきたのやら。平和が1番・・・。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アルバム「GREEN」

Photo_237

アーティスト:紗希

 紗希の1stアルバム。以前ちょろっとシングル出たときに紹介した人です。独特な空気が出ててお気に入り!初期の頃のaikoに影がある感じかなー。良かったら聞いてみてみて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ヘイヴン」

Photo_236

出演:オーランド・ブルーム

<話>

 資金洗浄をしているカールはFBIが来るのを察しカリブのケイマンに娘ピッパを連れ逃げる。ピッパはケイマンでフリッツと知り合い、船に不法侵入し護送される。シャイは深夜アンドレアの部屋に忍び込むが、朝まで帰らず親に見つかり逃げる。

<感想とか>

 どーしようもない話。複数の話が交差して時間の前後も絡んで、映画の作りとしては悪くは無いのに話がどーもね。作りは「クラッシュ」に似てるかな。ただ単に真似しただけかもだけど。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (3)

映画「父親たちの星条旗」

Photo_235

原作者:ジェームズ ブラッドリー
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ウィリアム ブロイルスJr.ポール・ハギス
製作:スティーブン・スピルバーグロバート・ローレンツティム・ムーア
出演者:ライアン・フィリップアダム・ピーチジェシー・ブラッドフォードジョン・スラッテリージョン・ベンジャミン・ヒッキーバリー・ペッパージェイミー・ベルポール・ウォーカー

<話>

 1944年、米軍は硫黄島に侵攻していた。そして硫黄島の山の頂上に国旗を立てた時の写真が米国内で話題を呼んでいた。その写真に写っていた6人は英雄扱いされ帰国することになったが、3人は戦死していた。3人は帰国すると盛大な歓迎を受け戸惑う。3人は、その写真の旗が2本目だということを知っていたから。

<感想とか>

 第二次世界大戦末期の硫黄島での戦いを描いた2部作の一つで、この作品は米側からの視点。何もしていない兵士が英雄に扱われた話。「硫黄島からの手紙」では旗の話は全く無かったですね。リンクする点はいくつかありましたが、単独で見ても問題ないかな。戦闘は半分くらいで、半分は3人の動向を描いています。国の為とはいえ作られた英雄に乗っかる2りはどうかと思うねー。絶対居心地悪い!「硫黄島~」が高く評価されて、「父親~」がいまいち評価上がらなかったのが分かるきがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「プリズンブレイクシーズン2」1~2

Photo_234

出演:ウェントワース・ミラードミニク・パーセルロビン・タニーサラ・ウェイン・コリーズ

 シーズン2のレンタルが始まりました。シーズン1の終了直後からの話。米ではシーズン2は既に終了していて、シーズン3が決定していたりします。

 ウェントワースミラーはやっぱりかっこいいね!既にプリズンブレイクでは無くなっていますがー・・・面白いから問題なし!逃亡者になってるだよね。そうだ、ハリソンフォードの「逃亡者」みたいにFBIの敏腕警部みたいのが新キャラで出てきたし。FBIって連邦捜査官だっけ。たしかCIAかNSAが大統領直轄の組織だったけかなー。なんとなくだけどFBIの警部は最終的には見方になる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「カオス」

Photo_233

出演者:ジェイソン・ステイサム ウェズリー・スナイプス ライアン・フィリップ

<話>

 パール橋で誘拐犯が人質を盾にし、警察は2りとも殺害してしまう。事件を担当していたコナーズは停職になる。その後に銀行強盗事件が発生する。犯人は停職中のコナーズを呼ぶことを要求した。コナーズは急遽事件を担当することになり、新人とコンビを組むことになる。

<感想とか>

 警察もののサスペンスアクション。おもしろかったー。カオス理論のバラバラに見える事柄が一つに繋がるっていうのが終始登場し、犯人を追う話。「トランスポーター」主演のジェイソンと、この手の映画が得意なウェズリーの競演。ジェイソンが途中で消えちゃって、最後に出てくるかなーとおもたら予想とはちょと違っておもろかた。☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »