« 映画「守護神」 | トップページ | 映画「エラゴン」 »

映画「輝く夜明けに向かって」

Photo_251

監督:フィリップ・ノイス
出演者:ティム・ロビンスデレク・ルーク

<話>

 1980年南アフリカ、パトリックは石油工場で働いていた。アパルトヘイトにより弾圧されていた為、ANCのテロ活動が頻繁に起こり政府は対テロ活動に追われていた。そして無実の人を捕まえては拷問し、死亡者まで出ていた。パトリックも無実の罪で捕らえられたが、拷問をしても何も話さないと見た政府はパトリックの奥さんをも拷問した。のちに釈放されるが、釈放された翌日にパトリックはANCに入ることを決意する。

<感想とか>

 1980年~アパルトヘイト廃止までの実話。最近この手の映画多いですね。先日も「インマイカントリー」を見たばかりだし。このときにいた人の分だけ話があるよねー。こういう映画はどんどん出して欲しいものです。無関心だった人にも知られるだろうしね。テロ活動を肯定はしませんがー、自分達がしてきたことに相応する罰はあってしかるべきじゃないかなーと。これを”許せる”アフリカの人たちは心広すぎるよ・・・。

|

« 映画「守護神」 | トップページ | 映画「エラゴン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/6979137

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「輝く夜明けに向かって」:

» パトリック スニーカー [パトリック スニーカー]
パトリックのスニーカーの魅力知る人ぞ知るセンスの良さ。でも最近流行しすぎたのか心配なことも... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 16時55分

« 映画「守護神」 | トップページ | 映画「エラゴン」 »