« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ダイモスガントレ

 今日も2チームに分けてサルベージ~。バフラウに行ってきました。わたしの方はモモシ白赤吟の6人でわたしはモ。NM狙いです。

 1FでボムNMがポッポしたもののNMが出る気配がないので扉のHP50%程で次へ。2Fも扉をわかしたもののNMポッポせず・・・。

 そして3Fの3連ギアを残りHPわずかでキープし、バニシュガ!→11,12ダメージ・・!すかさずwsで1匹落とし、もう1を殴りで落としたものの時間差が少しあったので扉がポッポしてるかはかなり不安でしたがー、扉いた!!

 そしてコリブリをひたすら倒しているとコカわいたー!6人だとこのコリブリの処理が結構きついの。全員毒薬を持っていれば良いんだけどねー。そしてついにコカからアレス小手35のダイモスガントレとスカ頭35のフレイヤマスクが同時ドロップ!!小手初めてみたー!小手入手できました(’▽’)ありがとう、ありがとう!!すごく嬉しいです・・!やはり1度ポッポしだすと複数出てくるねー。この運の要素がかなり嫌・・・。

 ともあれ、アレス小手に必要な15と35が手に入ったので残りは25だー!このところLSでは35狙いが中心なのでボスはシャウトにでも参加しようかなー。近いうちにアレス小手完成すると思います!!素材も揃えたし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ハンニバルライジング」

Photo

原作者:トマス・ハリス
監督:ピーター・ウェーバー
出演者:ギャスパー・ウリエルコン・リーリス・エヴァンズケヴィン・マクキッドスティーヴン・ウォルターズリチャード・ブレークドミニク・ウエストチャールズ・マックイグノン

<話>

 1952年リトアニア、戦争によりハンニバルは家族を亡くした。その後、ハンニバルは自分の家であったレクター城にできた児童福祉施設に孤児として入る。虐待から逃れるためハンニバルは親戚の家を尋ねる。そこで唯一の親戚であるレディ・ムラサキから昔の日本の戦争時代の事や剣道を知る。その後ハンニバルは医学部に入り、過去に家族を死に巻き込んだ戦争犯罪者たちの記憶を思い出す。

<感想とか>

 レクター博士シリーズの4作目。いずれも小説→映画になっているようですね。ハンニバルレクターの少年時代から青年時代の様子を描き、背景や人格形成となる部分です。制作費の割りに興行収益が少なかったですね。

 まず思ったのはー・・・、ハンニバルかっこよすぎない(’□’)!?っていうのと、またしても日本人の役を中国人が!!ってことかな。日本人のスタッフをもっと入れればいいのに。

 過去のシリーズと比べるとインパクトには欠けるかも。サイコなことはサイコだけど。まだ「羊達の沈黙」との間に話作るのかもね。死ぬと思っていたキャラがまだ生きてるし。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指輪、そして・・・

 今日もサルベージ~の前に、ずっと通い続けていたアサルトでオミクロンリングが出ました!そしてもらいました!

STR+5 サルベージ;カウンター+2 Lv75~All job

 というサルにモで参加するわたしにはとても嬉しい!カウンターしますよ!そしてサルの方は昨日と同じでモモシ白赤吟の6人でアラパゴ遺構に。コースも同じなわけですがー、今日は35が出たー!アレス胴35のダイモスキュイラス・・・・・。もうLSで5個目だよ・・。皆パスまくりで流れそうな勢いでしたが、かろうじて1りがゲット。なんなんでしょう、このアレスの波は。肝心のモリガン胴35とマル手35は出ないしいいい!分解でもできたらいいのになー。

 今日もボスを倒し、マル胴とスカ脚・・・。誰もいらないわ!ということで当LSではアレス胴35が5に対しモリガン胴35が1に。他のとこもこんなに偏ってるのかなぁ。出るとへこむアイテムも珍しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルベージ攻略 新体制

 たまにはFFの話題を。今日も今日とてサルベージです。タイトル通りLSが新体制になりました。恐らく攻略上の都合か、フリーアイテムが多くなってきたのかとは思いますが、人員を増やし2チーム同時突入という方針に。フレ繋がりやシャウトで集めた模様。フリーのアイテムはもったいないし、やる気ある人が増えることは良いことでしょう。続けられるかどうかは別問題として・・・。実際人集めが1番大変かなーこのゲーム。サルのリーダは絶対大変!

 そして今回はアラパゴ遺構に。わたしは活動回数が多めのメンバーで構成されたAチームで突入。モモシ白赤吟の6人でわたしはモ。キキルン4匹+モリガン頭35NM+戦車を予定していましたが、時間があまりボスも倒せました。35アイテムは0という相変わらずしぶ~~~~~いドロップ・・・。そしてボスのドロップもマル胴25が2個という誰も喜ばない結果に!もはやドロプしないことが当たり前な空気になっているところが{恐れ}。

 既存メンバー+新人さんのBチームはスカ足35が出たようです。35なんて最近見てないなぁ・・・。もうちょと落としてくれればいいのに。

 低ドロップもさることながら落とす種類の偏りも目立つよねー。関心度の高いアレス胴とモリガン胴を比べると、当LSのドロップではアレス4に対しモリガン1という、とても同じドロップ率とは思えない!そして人気が高いのはモリガンなわけで・・・。4つのうち2つのアレス胴35はフリーという悲しい結果!NMは狩っているのにドロップはしないという、やきもき感は良くわかるだよねー。しかもライバル多いのに。まーきっとやり続けてれば出るよ!たぶん・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「プリズンブレイクシーズン2」8~10

Photo

出演:ウェントワース・ミラードミニク・パーセルロビン・タニーサラ・ウェイン・コリーズ

 7巻から久びさに新巻!シーズン終盤になり盛り上がってきてますねー。内容をあまり書けないのは毎度のことですが。ただ、ベリックの浮き沈みが激しい!いささか強引な展開かと・・・。シーズンも残りあと2巻で終わりですがー、またいいところで終わってシーズン3にいくんだろなー。

 それと今月の24日は「24」の日らしいです。http://www.foxjapan.com/dvd-video/24/24day/ レンタル店でジャックの着ボイスを取れるとか。来月からシーズン6のレンタルも始まるから、そのキャンペーンですね。

 「24」のプロデューサーが今度FBIを舞台にしたTVシリーズを制作するようです。まだ内容は出ていませんがそちらの方もすごく楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「ハッピーフィート」

Photo

出演者:ジョージ・ミラー

<話>

 南極、皇帝ペンギンの出産時期を向かえ父ペンギンが卵を温め母ペンギンが魚を取りにいっていた。母たちが戻る頃には子供たちは孵っていた。最後に生まれたマンブルはパタパタ足を動かし音痴だった。皇帝ペンギンの間では歌が何よりも大事で求愛にも使われていた。マンブルは学校を卒業する頃になっても音痴のままで産毛も残ったままだった。マンブルはダンスの才能と音痴のせいで仲間から追放される。

<感想とか>

 フルCGの映画。ダンスはモーションキャプチャーで動きをとり、マンブルのダンスは有名な人をキャプチャーしてるぽいです。期待していて、見たら普通だったので期待値分残念だったかな。毛のフサフサ感は良かった!☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「デジャヴ」

Photo

出演:デンゼル・ワシントン

<話>

 フェリーが爆破し543人が死亡する大事故が起きる。ATF(アルコールタバコ火気爆破物局)のダグは現場の状況からテロだと断定する。ダグはその洞察力の良さから特別監査チームに捜査の協力をすることに。そこでは過去の映像を複数の衛星で再生できるという。しかし捜査が進むにつれ疑問を持ったダグは問いただすと、それは次元を折り曲げ過去と空間をリンクされるものだった。

<感想とか>

 タイトル名から想像していたものとは全く違う内容で、一種のタイムマシン的なものでしょか。近いものだと「マイノリティリポート」のような・・・全然違うけど。いや、ちがくはないかなぁ。過去を見ながら捜査するっていうのは面白かったですね。ただタイムマシンみたいになっちゃうと、最初からそれ利用すればいいじゃないという話に。なので後半は結構ありきたりだなーと。

 これって永遠に死ぬことを繰り返すのかな。事件>捜査>死をずっとループしそう。あぁ、でも最後にクレアが話そうとしてたっけ。うーん。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「フリーダムランド」

Photo

出演者:ジュリアン・ムーア

<話>
 黒人が多く住む団地で白人女性ブレンダがカージャックされる事件を受ける。ロレンゾはブレンダに事情を聞くと車に4歳の息子がいたことを知り緊急手配をする。そして団地に市警が押し寄せ周囲を包囲することに。ロレンゾはブレンダが何かを隠しているとは思うがブレンダは話そうとしない。団地では暴動寸前で事件もFBIが動きそうなことをしり、ロレンゾは民間の誘拐捜査団体に助けを求める。
<感想とか>
 話としてはこれ以上ないっていうくらい最低な感じ。CMで「フォーガットン」と並べて衝撃の結末とかなんとか宣伝してたから全く期待はしていませんでしたが。それにしてもひどいね。ジュリアンムーアの演技だけ良かったかな。これ実話なのかなぁ。ありそうな話。だからどうっていうわけでもないけどね。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »