« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 釣り 始めました。 »

映画「敬愛なるベートーヴェン」

Photo

出演:エド・ハリス

<話>

 1824年ウィーン、新人の写譜師アンナホルツが呼ばれた先はベートーヴェンだった。ベートーヴェンは写譜師を次々にクビにしていて、野獣のような性格から異端視されていた。アンナは訂正した譜面を見せるとベートーヴェンはその才能に驚いた。

<感想とか>

 かの有名なベートーヴェンの話。期待してなかったんだけど中々おもろかったかな。できれば晩年の話ではなく売り出す頃からのが見たかった。

 名前と曲は誰もが知っているものの本人の性格とかは知らないよねー。音楽の授業でやったのかもだけど記憶に無し!難聴が故に音に関する集中力が高く、下品で横暴で、孤独な人。下に住む住人との関係が面白すぎる!「毎日毎日ふざけんな!ベートーヴェン!」とか言われてるし。

 アンナにほれ込んだのは若い女性だからではなく、自分に近しい音楽の才能を持つ人だったからだよねー。子供がいない代わりにアホな甥っこに音楽教えてたけどアホなままだし。あれはひどい。後継者がいなくて自分を理解できる人もいないっていうのが可愛そうかな。やっと才能を持った人間に合えたのが晩年っていうのもね・・。もっと早く会えてればって思うと。☆☆☆☆

|

« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 釣り 始めました。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/9254956

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「敬愛なるベートーヴェン」:

« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 釣り 始めました。 »