« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

千里の道も

Tom081030002013a

ブルワークシールド

防1 デュナミス:防22

Lv75~ ナ

というわけで目指そうと思います。現時点の性能とグラフィックは見なかったことに・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」

Photo

監督:ロバート・ルケティック

<話>

 MITで優秀な成績のベンは卒業前にハーバード大学医学部の試験に合格した。しかし30万ドルという高額の授業料を払えず、奨学金に必要な驚嘆するような体験もなく悩んでいた。そこにカジノのブラックジャックで、カウントと呼ばれる方法で稼ごうとでチームに誘われる。

<感想とか>

 いまいちカウントが理解しきれなかった・・。もう1回観ようかな。映画の中身よりそっちが興味!それと実際にあった話っていうのがまたポイント。どこまで本当か気になるね。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「大いなる陰謀」

Photo

監督:ロバート・レッドフォード
出演者:ロバート・レッドフォードメリル・ストリープトム・クルーズマイケル・ペーニャデレク・ルーク

<話>

 記者のジャニーンは上院議員アーヴィングから呼び出され情報をリークすると言われる。それはアフガニスタンで新たな作戦をすることだった。ジャニーンは過去の過ちを訴えるがアーヴィングは決して引かない。

 大学教授マレーは自分の教え子が2り同時に志願兵となったことに責任を感じていた。そしてその2りはアフガニスタンでの作戦の中にいた。

<感想とか>

 現在の米国を描いたような話。イラク侵攻の批判を浴び続ける共和党議員が国民の支持を得たいがためのアホ計画。結局どうしたいのかがよくわからない。政治と国民の対外意識の低さを痛烈に批判している一方、頭で考えるより行動をしろっていう。両方かなー。これ原題のままの方が良いね。Lion of lambs(羊たちのライオン)っていう、第一次大戦でトイツ兵がイギリス兵に向けて書いた詩らしい。陰謀は陰謀だけどバレバレで大それたものじゃないし。邦題考えた人はアホですか。原題が全てだね。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「クローバーフィールド」

Photo

監督:マット・リーヴス
製作:J・J・エイブラムス
出演者:マイケル・スタール=デヴィッドマイク・ヴォゲル

<話>

 ロブの送別会をしている時に巨大な音とともに揺れを感じる。ニュースでは近くの海で石油タンカーが転覆したと報道させる。ロブたちは慌てて外に出るが街は次々と破壊させる。

<感想とか>

 思ってたより酷かった。良いとこがまるで皆無。ブレアウイッチの名前が付きまとうのはカメラ目線というだけ。「ミスト」のが大分ましかな。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ミスト」

Photo

原作者:スティーヴン・キング
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン
プロデューサー:フランク・ダラボン
出演者:トーマス・ジェーンマーシャ・ゲイ・ハーデンローリー・ホールデンアンドレ・ブラウアーウィリアム・サドラージェフリー・デマンフランシス・スターンハーゲン

<話>

 大嵐の翌日、デヴィットは町のスーパーへ家族と買出しに向かう。しばらくするとスーパーの外は深い霧に覆われる。スーパーの停電を直そうとわずかにシャッターを開けるとノームは何かに捕まれ霧の奥に連れ去られてしまう。

<感想とか>

 R15指定の怪物映画。わけのわからない状態で閉じ込められるっていうのはそれほど悪くは無いかな。すぐに怪物モノっていうのが分かってからは冷めたけど。途中からくだらなさがエスカレートして観るのを止めようかと思ったものの最後まで観ちゃいました。これをどう終わらせるのかと気になって。そしたらさー・・これほど傷つくことは無いくらいのオチだった!原作では結末を明確にしてないようですが、映画では脚色したみたい。話自体はB級もB級、でも極限状態の心理描写は悪くないね。好き嫌いが極端に分かれるんじゃないかなー。☆☆

 あとこれ、ゲームの「サイレントヒル」の元になったとかなんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「HEROESシーズン2」1~3、「BONESシーズン2」1~9

Bones2

 HEROES、BONESのシーズン2。まず、HEROESはシーズン1から4ヶ月後の話。1で活躍したメンバーやら新キャラが色々出てきます。見ていると能力に気づいたことが2つ。1つは同じ能力を持っている人がいること。これは少し驚きかな。全員異なる能力だと思ってた!予想できる展開はピーターと同じ能力を持った敵がいるとヤバイってことかな。2つ目は同じ能力でも発展するってこと。要は能力に2段階目があるんだよねー。これがまた面白い。

 続いてBONES。HEROESと同時期に出て両方観てるわけですがー、正直言ってBONESシーズン2のが面白い!米国ではHEROESが評判良いようですが。グロさがパワーアップしていて、とてもTVドラマとは思えない。浴槽のやつはまじでグログロ!「ハンニバル」を観た以来の気持ち悪さがきたわ。それとシーズン2になってからの新キャラも良いね。特にセラピストのゴードンがイイ。ふとっちょのおじさんで、のらりくらりとしているのに本質を見抜いて核心をついてくるのがオモロー。嫌な複線を張られた感じがするのがサリー。次に登場する時に生きていればいいけど・・。ともかく両方続きが気になる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »