« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

映画「バンク・ジョブ」

監督 : ロジャー・ドナルドソン

出演 : ジェイソン・ステイサムサフロン・バロウズ 、 スティーヴン・キャンベル・ムーア 、 ダニエル・メイズリチャード・リンターン

<話>

 1971年イギリス、マイケルXを名乗る男は複数の犯罪を犯し裁判にかけられるが罪を免れる。マイケルXは王女のスキャンダルを使い政府は手を出せないでいた。政府は麻薬所持で捕まえた女にスキャンダル写真を取り返せば放免し、その女は知り合いのテリーに銀行の貸し金庫強盗を持ちかける。テリーたちは金を目当てに銀行強盗をするが貸し金庫には王室、政府、マフィア、悪徳警官などに不都合なものを手に入れてしまう。

<感想とか>

 イギリス最大の銀行強盗事件の実話。テリーは素人なのに悪人やら政府やらに追われながら上手く立ち回って頭良いねー。これが実話っていうのがまた凄い。公表できないものばかりだから実名とは違う名前を映画で使ったり、盗まれた人が100人も名乗りでてなかったりとかで、よく映画にできたよね。圧力かけられそうな気するけど。☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ウォンテッド」

監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演者:ジェームズ・マカヴォイアンジェリーナ・ジョリーモーガン・フリーマンテレンス・スタンプトーマス・クレッチマン

 昔のリュックベッソン風のアクションかな。CG全開のアクションが好きな人には良いかも☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アイアンマン」

監督:ジョン・ファブロー
製作総指揮:ジョン・ファブロー
出演者:ロバート・ダウニー・Jrテレンス・ハワードジェフ・ブリッジズグウィネス・パルトローショーン・トーブファラン・タヒールレスリー・ビブ

<話>

 兵器メーカー社長のトニーは兵器開発に天才ぶりを発揮し名を馳せていた。そしてアフガニスタンで新兵器のプレゼン直後に襲撃に合いゲリラに拉致される。ゲリラはトニーに新兵器製作を強要する。トニーは襲撃の際に負傷した為、心臓のペースメーカーに自社製品のリアクターの小型化を製作し、それはパワースーツを動かせるエネルギー装置にもなった。トニーはありあわせの部品でパワースーツを作り脱出し、帰国後に兵器製作を中止すると公表する。

<感想とか>

 米国コミック原作の映画。ヒーローなのに43歳で兵器メーカーの社長っておもろいね。試作していく段階で失敗続きだったり笑いがちりばめられてるのも良い感じ。既に続編も決定されていて、更に「ハルク」などのヒーローとチームを組む「アベンジャー」まで決まってるらし。「ハルク」も観るかぁー。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ソウ5」

監督:デイヴィッド・ハックル

 いやー、んー、嫌だね・・・。シリーズ5作目。従来通りのホラー半分、サスペンス半分ってとこかなー。サスペンス面を多めに(ソウにしては)出してるのは前作を受けてるからかな。4はジグソウの後継者探しで今回の5は後継者決定って感じ。シリーズ1作目からジグソウには協力者がいたっていう設定に。まージグソウ1りで拉致してゲームをセットするのは無理あるからね。ってそんな細かいとこはホラー映画に必要なのかね・・。その辺の設定やら話のつながり、構成の仕方なんかがあるから、他のホラー映画より1歩出てるのかもしれないけど。

 いつもソウを観るとなるんだけど、眉間にシワできそう!と、気づくとプラス口を開けてるか、イーってなる・・。それでも続編が出ると観てしまうんだよね。☆☆☆

 あれ、なんか「BONES」に通じるような哲学的なことを感じたんだけど忘れちゃったや。なんだったかなぁ・・。もう1回見直せば思い出すと思うけどすぐに観る気にはなれないし。お酒飲みながらでちょっとボーっとしてたかもも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「24 リデンプション」

 シーズン6と7の間の2時間SP。久々のジャック・バウアー!舞台はアフリカで実際にアフリカロケ。ドラマで現地ロケまでするのは異例のようです。

 1年間止まっていたのはストのせいなんだよね。他のドラマは途中まで放送してシーズン打ち切りとかなってるけど、「24」はリアルタイム進行で24話やらないと気が済まなかった模様。最も、ストに加えてジャック役のキーファーが飲酒運転で捕まって刑務所にいたっていうのもあるけど。

 2時間とはいえ、しっかり「24」してます。が、TVドラマの描写の限界を感じたね。映画と比べるとアフリカの内戦を描くにしては甘すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「Mr.ブルックス」

監督:ブルース・A・エバンズ

<話>

 ”今年の顔”に選ばれたブルックスは証拠を一切残さない殺人中毒だった。ブルックスは2年ぶりに犯行に及ぶが、その時の写真を取られてしまう。

<感想とか>

 つまんなかったー。ねむねむ☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »