« 映画「ブラインドネス」 | トップページ | 映画「1408号室」 »

映画「レッド・ダスト」

監督:トム・ホッパー

<話>

 2000年アフリカ、白人支配から黒人が開放される。民族和解委員会は真実を話すことで白人に恩赦を与えていた。かつて拷問を受けたアレックスは白人警官ヘンドリクスに真実を求め、当時から行方不明になっている友人ジゼレについても追求しようとしていた。

<感想とか>

 アフリカを舞台にした実話。この系統の映画はいくつか観ていますがー、多くは虐げられていた時~開放までの話で、この映画は開放後の裁判からの話。

 意外な事実が!みたいな宣伝の仕方なんだけど全く意外性が無くてね・・。たぶんアフリカを映画にできる話はもっとあると思うなー。

|

« 映画「ブラインドネス」 | トップページ | 映画「1408号室」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/29148938

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レッド・ダスト」:

« 映画「ブラインドネス」 | トップページ | 映画「1408号室」 »