« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

映画「トロピック・サンダー」

監督:ベン・スティラー
出演者:ベン・スティラージャック・ブラックロバート・ダウニー・Jr

<話>

 戦争映画「トロピック・サンダー」をベトナムで撮影中、ミスの連続で予算を使いはたしてしまう。俳優たちを持て余した新人監督はジャングルに爆弾を設置し隠し撮りすることでドキュメンタリー風に創ろうとする。現地に着き脚本と地図を渡した監督は突然吹き飛んでしまう。それは過去に埋められた地雷で、その音に気づいた麻薬密造組織が俳優たちを本物の兵隊だと思い襲ってくる。

<感想とか>

 戦争映画を撮りに行ったら本当の戦闘になるっていうコメディ。コメディはコメディなんだけど敵は本気だから見方がむずい!まー・・アホな映画かな。トムクルーズには驚きで全然気づかなかったよ。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンキレー

 いよいよ、というかようやくレリック最終一歩手前のアンキレーができました。せめて見た目をどうにかならなかったのかなー。相変わらずのダークバックラーだよ・・・6000万のダークバックラー・・・。最もこれは通過点に過ぎませんが。最終がすぐ控えていることもあって、アンキレーを貰っても結構淡々と受け止めたかな。むしろデュナミスシールドできた時のが嬉しかったり。他の武器ならこの時点で裏限定でWSを打てますが楯はバッシュ強いだけっていうのもあるかも。

 どうやらアンキレーは地下のゴブが持っているものでデュナミスシールドと交換するっていう設定。そして次はゴブでは無くレリックごとの特定の場所へ持って行き、そこに楯の魂のしもべがどうとか何とか。そこに何故大量の貨幣が必要か謎・・。

 とにかく、あと残すは最終の貨幣集め!今月完成予定してたけど来月なりそー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ワールド・オブ・ライズ」

監督・製作 : リドリー・スコット

原作 : デイビッド・イグネイシアス

脚本 : ウィリアム・モナハン

出演 : レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ 、 マーク・ストロング 、 ゴルシフテ・ファラハニ

<話>

 CIAのフェリスは中東で聖戦の黒幕と呼ばれるアリ・サハールを捜査していた。アリ・サハールは世界中で爆破テロを起こす事を指示し各国で次々とテロが行われる。アリ・サハールに関する情報は一切無く、技術を逆手に取られて捜査が行き詰ったフェリスは中東の協力者と共闘することに。フェリスの上司ホフマンは安全なアメリカで電話で指示をするだけでフェリスは振り回される。

<感想とか>

 小説原作の映画。監督も出演者も好きでかなり期待してました。期待しすぎてちょっとしょぼんな感じ。いや、決して悪くは無くてね。重厚な話に駆け引きやらアクションやら盛り沢山。皆がウソついて騙しあうみたいな話。テーマの割りにメッセージ性が乏しく視聴者に思考させるようなことも無いのがね。ラッセルクロウのとぼけたやり取りしながらシビアな感じとか、ディカプーの熱演ぶりがかっこよかったり。それでも評価されないディカプー・・・良いのになー。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »