« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ドラマ「HEROESシーズン3」1~3

出演: エイドリアン・パスダー, グレッグ・グランバーグ 監督: デニス・ハマー, ティム・クリング

 今回は最初から面白い!シーズン重ねると面白さ半減したりするんだけどね。サイラーとピーターの動向が気になるわー。シーズン1,2より面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マンデラの名もなき看守」

<話>
 1968年南ア、刑務官グレゴリーはロベン島に転任。そこで収監されていたマンデラの検閲官になる。グレゴリーは検閲した情報を報告することで政府が攻撃していることを知る。
<感想とか>
 アパルトヘイト撤廃前や後の作品は多々観てきたけどマンデラを描いたのって無いよね。この作品でも主役では無いものの、それに近い扱いで凄く興味深い。主役のグレゴリーは白人では珍しく理解のある人間で、次第にマンデラと信頼が深まっていくのが良いわ。刑務官で上に反抗できる人なんていないよね。もちろん実在した人物で実話。グレゴリー役のジョセフファインズはレイフファインズの弟。そしてマンデラ役は「24」のパーマー大統領でお馴染みのデニスヘイスバート。今度はマンデラを主役にした作品も作って欲しいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「オーストラリア」

出演: ニコール・キッドマン, ヒュー・ジャックマン 監督: バズ・ラーマン

長い上につまんない。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「イエスマン」

出演: ジム・キャリー, ズーイー・デシャネル 監督: ペイトン・リード

<話>

 仕事でもプライベートも”ノー”と断り続けていた銀行員のカールは何もかもが上手くいかなかった。そして友人から”イエス”のセミナーを紹介される。それに参加したカールはこれからの選択を全て”イエス”と答えれば人生が変わると言われ実行し始める。

<感想とか>

 最初は危ない新興宗教みたいに見えちゃった。これジムキャリーだから面白いのかも。イエスで好転していくのが変でうける!☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ブッシュ」

出演: ジョシュ・ブローリン 監督: オリバー・ストーン

 この人ブッシュに似てるわー。それ以外特になし☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「パッセンジャーズ」

出演: アン・ハサウェイ, パトリック・ウィルソン 監督: ロドリゴ・ガルシア

 Mナイトシャマランが作りそうな映画。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「グラン・トリノ」

<話>
 元軍人で自動車工をしていたウォルトは妻を亡くし一緒に暮らすのは犬だけになってしまう。ウォルトは古い頑固な考えの人間で家族からも煙たがられていた。妻の葬儀の日に隣の家に引っ越してきたモン族の一家にも悪態をつくばかり。しかしその家に住むタオやスーをギャングらから守ることで次第に距離が縮まっていく。
<感想とか>
 どれくらいかなー。「ドリームガールズ」以来かな、映画で泣いたの。作品の内容は同じクリントイーストウッドの「ミリオンダラーベイビー」に近い印象。やられたから単純に怒ってやり返すっていうんじゃなくて、頭を使って巧妙に仕掛けるんだよねー。あれにクラっときちゃったよ。神父の「生と死」っていうのが時折頭をよぎって作中の展開で死は予感できるんだけど、それをどう持ってくるかっていうのがクリントイーストウッドの力の見せ所。ハードボイルドでハートフルで悲しい映画でした。今年観たDVDで1番かな。☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マックス・ペイン」

 つまんない☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「フロストXニクソン」

出演: フランク・ランジェラ, マイケル・シーン 監督: ロン・ハワード

<話>

 アメリカ史上、任期中に唯一辞任したリチャード・ニクソン大統領。彼の辞任の様子を観たイギリスのトークショー司会者デビッド・フロストはニクソンにインタビューを申し込む。

<感想とか>

 中々面白かった!ニクソンとフロストの思惑とか駆け引き、心境の変化が特にね。ニクソンの言った「これは決闘だよ」っていうのがニクソンの心情が表れるとこで、むしろ挑んだフロストの方が気圧されてて印象的。そして最後のインタビュー日前日の電話が面白いんだけどー、この映画の核になっちゃうか。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「モーテル2」

出演: アグネス・ブルックナー, デヴィッド・モスコー 監督: エリック・ブロス

 「モーテル」の最初の殺人らしいんだけど、こんな人だったかなー。今回は犯人側の視点で描かれていて、「モーテル」に繋がるっていうことに。最初っていうことで計画が甘かったり統制執れてなかったり。生々しさを出したいらしく、それはビジュアル面だけではなく精神面も含めてっていうのが受け取れるね。☆☆また1観てみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「その土曜日、7時58分」

出演: フィリップ・シーモア・ホフマン, イーサン・ホーク 監督: シドニー・ルメット

<話>

 郊外の小さな宝石店に強盗が侵入し、店の老婆と犯人は銃を撃ち合い死亡する。一見優雅な暮らしをしている兄アンディは娘の養育費に苦労している弟ハンクに強盗を持ちかける。それは兄弟の両親の宝石店だった。

<感想とか>

 一つの事件をきっかけに次々と負の連鎖が起こる話。話自体ははっきり言って浅はかで愚か。そして3人の視点で、1りがある程度進んだら時間が戻って次の人ーって感じ。話も構成も真似事で飽きるね。視点を一つ消して謎を残すとか哲学を組み込むとかすれば良くなるんじゃないかなー。・・わたしの好みなだけですが。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ファニーゲーム U.S.A」

出演: ナオミ・ワッツ, ティム・ロス 監督: ミヒャエル・ハネケ

<話>

 ジョージは妻と子供を連れ湖近くの別荘に向かう。別荘に着いてジョージはボートの準備、妻アンは食事の準備中に、知人の使いだというピーターが卵をわけて欲しいと言う。アンは卵を4つ渡すがピーターは落として割ってしまう。再びタマゴを渡すして外に出ると犬のせいで卵が割れたからまた欲しいと言う。ピーターと兄弟のポールは理由を作って家に入り込み、12時間後に3人が生きているか賭けるゲームを始める。

<感想とか>

 「ファニーゲーム」のリメイクで同監督。同じ監督でリメイクする必要があるのか謎っぽ。元のは観てないんだけどーもの凄くムカつく映画。理念や理由も無くただ単に遊びでやってるのが異常に腹立たしい!撮影の仕方や暴力シーンにセンスを感じたりするのがまた何とも。こんな嫌な映画はないね。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ザ・クリーナー」

出演: サミュエル・L・ジャクソン, エド・ハリス 監督: レニー・ハーリン

<話>

 元警官のトムは死体現場の清掃業をしていた。殺人の現場を清掃した翌日、清掃の依頼は無いと言われ、その家の夫が失踪したとニュースが流れる。

<感想とか>

 普通のサスペンスかなー。主役以外にビッグネームがあるとその人を疑っちゃうものだよね。この作品はというとー・・・ ☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ダウト あるカトリック学校で」

出演: メリル・ストリープ, フィリップ・シーモア・ホフマン 監督: ジョン・パトリック・シャンリィ

 色々賞取ったりで評判いいぽいんだけどー、面白くはないね。ベテラン俳優の演技勝負的なとこくらい。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「わが教え子、ヒトラー」

出演: ウルリッヒ・ミューエ, ヘルゲ・シュナイダー 監督: ダニー・レヴィ

 タイトルからハードな内容を期待したのにコメディーって。がっかりすぎ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「バンコック・デンジャラス」

出演: ニコラス・ケイジ, チャーリー・ヤン 監督: オキサイド&ダニー・パン

つまんない☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »