« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年 ミソ的年間DVDランキング

 今年も、今年出てわたしが観たDVDを独断と偏見で順位付けます。

1位 グラン・トリノ

2位 ヤング@ハート

3位 ミルク

4位 マンデラの名もなき看守

5位 チェンジリング

6位 バンクジョブ

7位 アイアンマン

8位 ワールド・オブ・ライズ

9位 イエスマン

10位 スラムドッグ$ミリオネア

 「グラン・トリノ」は動かない!今年はあまり映画観れなかったなー。100本いってないかも。そこそこ粒は揃ってると思うけど宣伝に力入ってないのは観れて無いや。今度イーストウッドがマンデラの映画作るらしいから超楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「チェ 28歳の革命」、「チェ 39歳 別れの手紙」

監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル

 革命家エルネスト・ゲバラの映画。前後編に分かれていて前編のDVDは去年に出たんだったかなー。後編出てから一緒に観ようと思って放置したままでした。前編は主にキューバ革命、後編はボリビアでのゲリラ活動。この人の凄いとこは自国の革命が達成後に裕福な生活を放棄してまで他国の革命を手引きしてるとこだね。イデオロギーに左右されているわけでもなく、家族のためだけでもなく、ましてや自国及び自分のためでもない。被抑圧者の自由な生活のためなんだよね。南米大陸はキューバと似たような国が多いのもあって。ボビリアでの失敗の理由の一つは、前編で言っていた戦闘で勝つには兵力ではなく士気だっていうのがボリビアの時には無かったように見えるね。革命家は愛が重要らしい!☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アパルーサの決闘」

監督:エド・ハリス 出演:エド・ハリス、レニー・ゼルヴィガー

 正統派というか古典的な西部劇。演者がベテラン勢ばかりでね、エド・ハリスもよくやるよ。西部時代の美女役にレニー・ゼルヴィガーはマッチしてるね・・。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「レイクビュー・テラス」

監督:ニール・ラビュート 出演:ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン

 隣人が嫌がらせをしてくるサスペンス。「グラン・トリノ」と全く真逆な映画だね。こんなの嫌すぎる・・。サミュエルが役にはまってるから余計に!冒頭からちょいちょい火事の話が出てくるから最後で絡めてくると思ったんだけど、ただの背景で終わりって。もっと壮絶なラストを期待しちゃった。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「奇術師フーディーニ」

監督:ジリアン・アームストロング 出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ガイ・ピアース

 フーディーニが主役じゃなくてフーディーニを騙そうとする親子が主役とは。奇術に期待してたのになー。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「3時10分、決断のとき」

監督:ジャームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル

 最近T4を観たのもあって、未来でも西部劇でもドンパチやってて変わらないねー。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「バタフライ・エフェクト3」

監督:セス・グロスマン 出演:クリス・カーマック、レイチャル・マイナー

 バタフライエフェクトは一作目が凄い好きな作品で、2はダメダメ。そして3。2よりは大分良くなったんだけど、それでも1は越えられないね。血をピューピュー出せば良いってものじゃないよ。安いスプラッターに見える。ラストのオチは良いね。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン

 もう何作目かわかんないけど次のでラストだったかなー。今や2000年以降で最も稼いでる女優のハーマイオニーことエマワトソンですよ。ほぼハリポタだけで!今回気になったのはー・・バタービール!!なんだろう、そういうビールがあるのかな。飲んでみたい!☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「消されたヘッドライン」

監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック

 王道のサスペンスって感じで面白かったー。「アメリカン・ギャングスター」の時もそうだったけどラッセルクロウはショボくれた役が似合うね。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ターミネーター4」

監督:マックG 出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン

 シリーズ4作目。3の製作から大分経っているせいもあってCGの技術が格段に違うね。しかしT2の呪縛からは逃れられない感じ。お約束というかオマージュというかね。シュワには笑った!☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ウォッチメン」

監督:ザック・スナイダー 出演:ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン

 スーパーヒーローが冷戦時代に実在するっていう話。凄い長く感じたー。どうもこういうのは眠くなっちゃう。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「デュプリシティ」

監督:トニー・ギルロイ 出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーエン

これもつまんない☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ザ・バンク」

監督:トム・ティクヴァ 出演:クライブ・オーエン、ナオミ・ワッツ

 つまんない☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ミルク」

監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン

<話>

 1972年、ハーヴィ・ミルクは恋人のスコットと共にサンフランシスコのカストロ地区で店を始める。理由もなく殴られ逮捕される同性愛者の仲間たちのためにミルクは市政選挙に出る。しかし二度三度と敗北し、ついに市政委員に当選する。

<感想とか>

 実話の社会派ドラマ。始めは同性愛者の人権を守るために立ち上がり、次第に高齢者や黒人といったマイノリティの支持を得て巨大なムーブメントを起こした人。冒頭で結末から入っててね、ミルクが暗殺され犯人も最初からわかる。その結末までの経緯となったことの話。映像が当時のように表現されていて雰囲気あるんだよねー。そして何と言ってもショーン・ペンが凄い。3万人が死を悼んで集まったり、ミルクに協力していたメンバーが現在でも政治活動を続けていたりと、彼の活動がいかに素晴らしかったってことですよ。また得てしてそういう人に限って暗殺される嫌な歴史が繰り返されてるよね。マジョリティてそんなのばっかりだ。☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「24シーズン7」~12

 シーズン7終了。話半ばで終わっちゃってるねー。「24」にしては珍しい。一連の事件が解決しないままって。元々シーズン6~8までは製作決まってたから繋がる要素はあるとは思ってたけど。7は今までのシーズンで一番つまらなかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「路上のソリスト」

監督:ジョー・ライト 出演:ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーjr

<話>

 LAタイムズの記者スティーヴは路上生活をしてヴァイオリンを弾いていたナサニエルを記事にした。記事を書く事が目的だったのが次第にナサニエルと友情が芽生える。

<感想とか>

 実話の映画化。主演の2りは結構好きなんだけどー、それだけかな。☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「スラムドッグ$ミリオネア」

監督:ダニー・ボイル、出演:デーブ・パテル、アニール・カプール

<話>

 クイズに答えていくと賞金が上がっていくTV番組のミリオネア。ジャマールは1000万獲得までいくが、医者や弁護士でも勝ち進めないのに教育も受けていないスラム街出身ということで不正扱いされ逮捕されてしまう。クイズはジャマールの兄と雨の日に出会ったラティカとの体験が出題の多くにリンクしていた。

<感想とか>

 小説の映画化。TVの番組は日本でいうとクイズミリオネア。今年のアカデミー賞を総ナメにした映画なのでCM等で知ってる人も多いでしょう。期待したほどではなかったかなー。スラムを描いた映画なら「シティオブゴッド」のが優れてるし。ただこの映画はスラム+億万長者になるっていうとこが一つのポイントだね。偶然にしてはできすぎてる感も。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「新宿インシデント」

監督:イー・トンシン、出演:ジャッキー・チェン、竹中直人

<話>

 日本に密入国したティントウは中国人の不法労働者たちと暮らすようになる。そして夜の新宿でティントウは中国で婚約したシュシュと出会うがシュシュはヤクザと結婚していた。

<感想とか>

 ジャッキーがしょぼくれてて炭酸が抜けた炭酸飲料みたい。ジャッキー新婚役多いけどもう年相応にしたほうがいいんじゃないかな。幼馴染の設定は無理ありすぎ。☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マーリー」

<話>

 記者のジョンとリサはマイアミに引越し犬を飼い始める。ジョンは報道が希望だったがコラムを書くことになり犬のマーリーのコラムを書く。

<感想とか>

 こんなの泣くに決まってる!バカな犬が撒き散らす大騒動に家族が増えていってコメディで終わらないからね・・。しかも実話っぽいのかな。☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「オブセッション」

監督:スティーヴ・シル 出演:ビヨンセ・ノウルズ、イドリス・エルバ

<話>

 デレクは勤務している会社に派遣されたリサと出会う。そしてリサはデレクへの好意がエスカレートしていく。

<感想とか>

 イヤだー。これイヤー。子供がいる家庭にストーカーが迫る話。周到な策略がまた怖い!☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »