« 映画「フォース・カインド」 | トップページ | 映画「猟犬たちの夜 前・後」 »

映画「ウェイヴ」

監督:デニス・ガンゼル 出演:ユルゲン・フォーゲル

<話>

 ”独裁”の授業を担当になったベンガーは授業中に体験させようと、指導者を決めたり、発言の際は起立するなど行う。始めは遊び半分で面白がっていた生徒たちはエスカレートして波紋が広がる。

<感想とか>

 事実を元にした小説の映画化。これは衝撃だねー。同じドイツの実話映画esより前にあった事件らしい。何でこんな速さで洗脳されるのか考えてもどれも正確じゃない気がして。自由から束縛になったから?個から画一性?また集団心理っていうのもあるし。☆☆☆☆☆

|

« 映画「フォース・カインド」 | トップページ | 映画「猟犬たちの夜 前・後」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/35247177

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ウェイヴ」:

« 映画「フォース・カインド」 | トップページ | 映画「猟犬たちの夜 前・後」 »