« 映画「縞模様のパジャマ少年」 | トップページ | 映画「マリオネットゲーム」 »

映画「第9地区」

監督:ニール・ブロムカンブ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ

<話>

 ヨハネスブルグに宇宙船が現れ、指令船が落下したため機能停止になった。宇宙船の中にいたエイリアンを外に連れ出し難民キャンプを作るがスラム化する。20年後、邪魔になったエイリアンを別のキャンプに移送するためにエイリアン課の職員ヴィカスは第9地区で立ち退きをしていた。ヴィカスは頭の良いエイリアンの家で見つけた液体を浴び感染してしまう。そしてヴィカスの腕がエイリアンと同じようになった。

<感想とか>

 アカデミー賞で話題になった作品。SFだったりスラムの話だったり。まずエイリアンの概念が既存の作品とはまるで違うのが面白い。しかもエイリアンに対する人間の扱いがリアルな感じする。あのロボットの形状でどうやって乗ってるのかは気になる所。続編出ないかなー。☆☆☆☆☆

|

« 映画「縞模様のパジャマ少年」 | トップページ | 映画「マリオネットゲーム」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/37037225

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「第9地区」:

« 映画「縞模様のパジャマ少年」 | トップページ | 映画「マリオネットゲーム」 »